ロゴ

家賃保証会社があれば独り者でも借りられる

>コンテンツ>家賃保証会社の道は険しい〈審査を通過する極意〉

家賃保証会社の道は険しい〈審査を通過する極意〉

女性

審査の申し込み方法

家賃保証会社は自分で好きな会社を選べるわけではなく、入居申し込みをした不動産会社のほうで提携している会社に申し込むことになります。まず賃貸マンションの下見をして、担当者から家賃保証会社の説明を聞いてから審査申込書に必要事項を記入して提出します。申し込み時に必要なのは身分証明書です。運転免許証またはパスポートなどが有効です。仕事をしているという証明にもなるので、できれば社会保険証を提出するのがおすすめです。また、家賃保証会社によっては収入を証明する書類が必要な場合があります。提出した審査申込書は不動産会社の担当者がその日のうちに家賃保証会社にファックスしてくれます。審査に通ったら、賃貸借契約をして賃貸マンションに入居できます。

グラフ

審査に通るためには

家賃保証会社は身寄りがない人にとって便利な賃貸サービスです。賃貸を借りたいけど連帯保証人になってくれる人がいない場合、家賃保証会社を利用できる「保証人不要」の賃貸マンションを選ぶのがお勧めです。家賃保証会社は審査にパスすると利用できます。申し込み書を提出してから、早いとその日のうちに審査の結果がわかります。一か月の手取り収入に対して借りたい賃貸の家賃が3分の1以下であればだいたい合格できます。ただ、収入に釣り合わない家賃の賃貸マンションだったり、会社への在籍確認の電話が取れなかったりすると審査に通らない場合があります。できる限り安い家賃の賃貸にすること、それが賃貸保証会社の審査に通るためのコツです。